2015年1月31日土曜日

bossac で Arduino Due に書き込む

Mac OS X Mavericks のターミナルで Arduino Due にプログラムを書き込む方法です。
getting-started_flash.bin をフラッシュメモリに書き込んでみます。

stty -f /dev/cu.usbmodem1411 1200
/Applications/Arduino.app/Contents/Java/hardware/tools/bossac -U false -p cu.usbmodem1411 -e -w -v -b getting-started_flash.bin -R

bossac で Arduino Due に書き込む前に stty コマンドで通信速度を 1200 bps に設定するのがミソです。これをやらないと "No device found on cu.usbmodem1411" というエラーが出てしまいます。

サンプルプログラムの準備

ちなみに、書き込むための bin ファイルは ASF (Atmel Software Framework) に付属のサンプルプログラムを GCC でビルドしました。ダウンロードページに "ASF standalone archive for GCC (makefile-based) ..." というリンクがありますので、そこからダウンロードして展開します(執筆時点での最新版が 3.20.1 でした。以下 ~/Downloads/xdk-asf-3.20.1 に展開したとします)。

$ export PATH=$PATH:/Applications/Arduino.app/Contents/Java/hardware/tools/gcc-arm-none-eabi-4.8.3-2014q1/bin/
$ cd ~/Downloads/xdk-asf-3.20.1/sam/applications/getting-started/sam3x8e_arduino_due_x/gcc
$ make
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/make all PROJECT_TYPE=flash
CC      common/services/clock/sam3x/sysclk.o
MKDIR   common/services/serial/
CC      common/services/serial/usart_serial.o
MKDIR   common/utils/interrupt/
...
$ ls *.bin
getting-started_flash.bin getting-started_sram.bin

まず Arduino IDE 付属の GCC コマンドへのパスを通します。
パスを通したら展開したソースコードの sam/applications/getting-started/sam3x8e_arduino_due_x/gcc に移動します。
最後に make を実行すると、カレントディレクトリに getting-started_flash.bin が出力されるはずです。

ASF には Arduino Due で使えるサンプルプログラムが幾つか入っています。以下のように探せます。

$ cd ~/Downloads/xdk-asf-3.20.1/sam
$ find . -name Makefile | grep arduino
./applications/getting-started/sam3x8e_arduino_due_x/gcc/Makefile
./drivers/adc/adc_example/sam3x8e_arduino_due_x/gcc/Makefile
./drivers/adc/adc_temp_sensor_example/sam3x8e_arduino_due_x/gcc/Makefile
./drivers/adc/adc_threshold_wakeup_example/sam3x8e_arduino_due_x/gcc/Makefile
./drivers/chipid/chipid_example/sam3x8e_arduino_due_x/gcc/Makefile
./drivers/dacc/sinewave_example/sam3x8e_arduino_due_x/gcc/Makefile
./drivers/gpbr/unit_tests/sam3x8e_arduino_due_x/gcc/Makefile
...

0 件のコメント:

コメントを投稿